+++ボーイスカウト稲沢6団(活動報告)+++

ボーイスカウト稲沢6団の活動報告ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 スカウト祭


スポンサーサイト

スカウト祭前日キャンプ

ボーイ隊は倉庫前に立ち釜を組んで夕食の準備です。

2012-10-27-0004.jpg 2012-10-27-0006.jpg

6年生のスカウトは熱心にメモを取っていました。

2012-10-27-0015.jpg 2012-10-27-0018.jpg

2012-10-27-0026.jpg 2012-10-27-0060.jpg

2012-10-27-0062.jpg 2012-10-27-0074.jpg

2012-10-27-0075.jpg 2012-10-27-0089.jpg

2012-10-27-0092.jpg 2012-10-27-0118.jpg

2012-10-27-0141.jpg 2012-10-27-0146.jpg


夕食後は儺追殿前のボーイ隊ブースで、明日出す肉団子の味付け確認をしました。

2012-10-27-0164.jpg 2012-10-27-0166.jpg

2012-10-27-0170.jpg 2012-10-27-0173.jpg


2012-10-27-0180.jpg 2012-10-27-0189.jpg

2012-10-27-0193.jpg 2012-10-27-0196.jpg

味付けが濃かったり、薄かったりしながらも最終的には美味しくできました。
あすが楽しみです!

2012-10-27-0198.jpg



カブ隊も大集会場横で夕食準備です。
今夜のメニューはシチューです。

2012-10-27-0030.jpg 2012-10-27-0038.jpg

2012-10-27-0039.jpg 2012-10-27-0042.jpg

2012-10-27-0046.jpg 2012-10-27-0049.jpg

2012-10-27-0104.jpg 2012-10-27-0108.jpg

2012-10-27-0109.jpg 2012-10-27-0112.jpg

2012-10-27-0113.jpg 2012-10-27-0117.jpg

夕食後は明日のフルーツポンチの下ごしらえです。

2012-10-27-0156.jpg

2012-10-27-0158.jpg

美味しく出来たから、明日はたくさんの人に食べてもらいたいですね~!!



偶感 ~過保護~

ちょっと思い立ったので
記事にします
こんにちは BSたいちょうです

約7年くらい前
隊長になってまもなく まりりんさんと 意気投合して
教えて貰いながらブログを立ち上げて ブログの中で 子供に対する思いや 私のスカウト訓育の考えなど
ちょい ちょい 記載させてもらってますが ・・・
ご理解に感謝してます

いつものごとく
現在 隊長として考えている事 思った事など アウトプットしておく事も大事かなぁと 
命より大切なお子様を預けてらっしゃる 親の皆様に ご理解いただくのにいいかなぁと思い つらつらと書きますが 長い文が嫌いな人は 読まずに飛ばして 駄目隊長の姿をここで見て楽しんでください
ここクリック 

今 スカウト指導に携わりながら また 自分の子供を育てながら感じている事なんですが
子供をめったに「ほめない」 
これをやるのは本当に難しいなぁと思います
微妙なバラランス感覚が必要ですね

子供は褒めちぎって伸ばすっていう考えの方もいらっしゃると思うのですが 
私は  めったに褒めない 9割叱って 1割褒める事が 大切なんじゃないかと思います

子育てをしてわかったんですが

褒める方が とっても「楽」なんですよね
一時 子供がやる気出すし 調子にのってくれるし・・・そうすると 一時だけいい子になって親は楽

スカウト活動に関しては 楽しい活動をしてほめれば なついてくるし 人気炸裂の指導者になれる(笑)
こんなもん簡単です 指導者も楽
でも 本当に愛情と責任もって指導するなら その子の事考えて ガンガン叱るべきだと思います
自分の子だろうが 他人の子だろうが・・・

褒められて育った子って 挫折に弱い気がするんですよね
必ず絶対どこかで挫折しますから いつかくる挫折に耐えれるように 子供の頃早いうちに 鍛えとかなきゃきけないので 
褒められ慣れてると 頑張れるハードルが低くなるんです
大人になってから 叱られないために また 失敗しないために カッコつけて
自分のちっぽけなプライドを守るために
保身する そしたら成長しないし 男の魅力がガンガン下がっていきますよね

叱られて 叱られて ようやく褒められる(しかっりぱなしは最悪)
この喜びは ひとしお(笑)

確かに ほめれば その分早く伸びるけど 弱い

叱って 叱って ようやく褒めると やる気になるのは 遅いけど 太く強く伸びる
この方がいいとおもうなぁと感じてます

ましてや 親が(指導者も) 子供に好かれていたい 気を引こうって こうなると いけないと思うんです
逆ですよね 子供の方が 親に(指導者)に 好かれていたい 褒められたいって思わせる事が大切なんじゃないかと・・・
さらに気になる事があるんですが
子供を親が 〇〇君 〇〇ちゃん って呼ぶのは気を付けた方がいいですよね
わたしも ついつい あだ名で呼んじゃう時がありますが(笑)
親はあくまでも 高圧的でないといけないと思うんです ようするに 非行の抑止力です
友達のような親子関係は成立しません
理屈なく駄目なものはダメって言わなきゃならない時があるんですが
 
特にお母さんは 腕力じゃ勝てないときがいずれ 早いうちにきます
そうなると 常に愛情を持って 高圧的に下の名前を正しく呼び捨てに呼ぶことで 抑止力になる
親がなめられると 子供が非行にはしる傾向はありますよね その抑止力のひとつとして
 正しく愛情をもって呼び捨てで呼ぶ事は効果的だと思うんです

だから 私はできるだけですけど 自分の子も スカウトも 名前は 下の名前で呼び捨てにするようにしてます
姓名を呼ぶ言霊は生命力つまり 姓名力なんて 言われますけど でたらめでもなさそうです

とにかく 褒められたとき 認められた!と感激するくらいの褒めの効果を出すには めったに「褒めない 」に徹したいなぁと感じるものです なかなかできないですけど!鬼隊長になれるように頑張ります

それも経験・・・
ボーイスカウトは人より経験値を増やす事で 子供達が将来かっこいい男になれると 信じて もっと子供たちを鍛えてやろうと思うのです

11月は・・・ 伝統の強行訓練がまってます お楽しみに!





















FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。